top of page
検索
  • 執筆者の写真RE/MAX GOOD.

#43 イメージする。





こんばんは。RE/MAX GOOD.の佐藤です。

先日画像を制作することだけが発信ではないとお話をしました。


それでは受信について考えたことはありますか?

まずは、私が発信している画像について考えてみましょう。


「オシャレだなぁー」というイメージがきっかけになり、RE/MAXのバルーンが頭の中にイメージとして残れば、このバルーンをどこかで見かけた、もしくはRE/MAXという言葉を耳にした時


「あ、そういえばあの時インスタで見たな!」と繋がっていきます。


それが私の行うターゲティングであるので、この考え方・流れは正解です。


今日掘り下げたいのが、

その先にある受信の仕方です。

それが分かると、今後自分がどのように発信や行動をしていけば良いか?

ということが分かってきます。


しかし、特別な難しいことではありません。


それは、目にした画像や映像にどんな意味があるのか?

ということを考えて見てみる。


それだけです。


画像を見てカッコいいなー。

ではだめなのです。


感性が近かければその媒体(画像や映像)を観てすぐに意味が理解できるけれど

そうでなければ、それが何を訴えているのか分かりません。


「ビジュアルコミュニケーション」


ですからコミュニケーションなのです。

想いを可視化しているのです。



カッコいいー。だけで終わったらコミュニケーションではありませんよね。

必ずその画像や映像の中に意味があります。


それをしっかりと考えることが大切なのです。

CMや街のポスターなどでは、真意は分かりませんが

少なくともこの意味はなんだろう?考える「クセ」を付けて観ることができると…


例えばお客様から1枚のチラシを渡され。

「こんな家を探しています!」

と言われたとします。


同じ家なんてあるはずもなく、お客様が希望しているのが

形なのか色なのか雰囲気なのか?

分かりません。


もちろん、

「色ですか?」

「形ですか?」

「金額ですか?」


と詰めれば良い話ですが…


そこまで話をする前に、お客様の着ている服や身に着けているもの、車の種類や色など。

たくさん発信してくれています。


観たものの先にあるものは何か?を考える「クセ」がついていると

その発信された情報で、お客様のお気持ちを汲み取ることができてきます。


何も詰め寄らずに

「このような物件があります。」と提案出来て

そればお客様の気持ちにあったものであれば

信頼度は一気に上がるのです。


これはもちろん、表情、仕草、言葉の裏にどんな想いが込めているのか?

ということに気づきこともできます。


ただ見て終わり。ではなく

そこに込められた意味・想いを自分なりに考えてみる。

それが大切です。


ちょっとだけ立ち止まって、考えなが観る。

それだけのお話です。


最後までこれを読んで、よく考える「クセ」がある人は

違和感に気づいたことでしょうね。

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page