top of page
検索
  • 執筆者の写真RE/MAX GOOD.

#65 アクション。



こんばんは。RE/MAX GOOD.の佐藤です。


SNS同様、今日は謎の画像はお休みです。

というのも、RE/MAX harmonyの田山オーナーと北村エージェントが来埼するとのことでしたので、お仕事前にお時間を割いて頂きました。


田山オーナーも不動産業界未経験からのスタートということを、本部の方から伺っていましたので一度お話をしてみたいと思っていました。

本日も時間が合わずに田山オーナーとはお会いすることは叶いませんでしたが、北村エージェントとはたくさん情報共有することができました。


北村エージェントはシンママプロジェクトの2期生で、RE/MAXにjoinされ、精力的に活動されています。

なぜ、私が北村エージェントと交流があったかと言うと…


北村エージェントはInstagramでストーリーをマメに発信されており、

私はそのストーリーが刺さりまして、リアクションをさせて頂きました。

それからの繋がりとなっております。


エージェントさん、エージェント候補者さんとお話をすると

SNS発信への抵抗、どうやって発信すればいいの?という方が沢山います。

そんな時、いつも

「難しく考えずに、思うままに発信すれば大丈夫です」とお伝えしますが

どうして、苦手意識が勝ってしまうことが多いようです。

でも、北村エージェントは連日のようにストーリーをアップされています。


では、北村エージェントはどんなストーリーを出していたのでしょうか?

私が刺さったストーリーは、何かすごい動画を流していたと思いますか?



答えは、

マンホール蓋の写真をアップしています。


え?と思うかもしれませんが、それがなぜ刺さったのか?

建設業の仕事柄、マンホール蓋には色々な柄や種類があることを知っていましたが、

地域によって様々で、柄もそうですがカラーマンホールの鮮やかさに驚きました。


マンホールの写真を出すことで、北村エージェントがどこの地域の方なのかもすぐに分かりますし、それが縁で繋がれば、そこから会話のきっかけにもなります。

また、マンホールとは?といった視点で切り込めば、そこがどういった土地なのかが分かり不動産のお話のも繋がります。


ですから、素晴らしい!と感心したのです。


自分が気になることを、毎日発信し続ける。

それが誰かの目に留まり、心に刺さるのです。

いつなのか誰なのかは分かりませんが、

発信しなければ目に留まることも心に刺さることもありません。


私はここで不動産エージェントをやってる、こんな人です!


と声を出さないと、誰にも気づいてもらえませんね。

また、それに付け加えて北村エージェントはnoteも毎日綴っています。


ひたむきに、楽しみながら活動されている

北村エージェントとお会いできて、たくさんのエネルギーを頂いてきました。


私もこれまで以上に、発信を頑張っていこうと思います。












最新記事

すべて表示

#91 騏驥。

#90 Naseba.

#89 平等。

Comments


bottom of page