top of page
検索
  • 執筆者の写真RE/MAX GOOD.

向き不向き。




こんばんは。RE/MAX GOOD.代表の佐藤です。


昨日の記事で、私が職人として駆け出しの頃の話をしたので、もう少しその話を。

建設業界に飛び込むまでは、高校卒業後、まずは憧れの広告の制作の会社に就職するも、現実の厳しさというかギャップに打ちのめされすぐに退職。

元々マジメなわけではなかったこともあり、その後、飲食店・引っ越し屋・運送屋etc...

転々としていました。


20代半ばに紹介で入った、建設業界。

絵を描いたりモノを作るのは好きな方だったので(美術だけは成績良かったのです笑)

意外と性に合って、楽しいと感じるようになりました。


しかし、建設業界は言わずと知れたオラオラ系。

今から二十数年前ですから、コンプライアンスも何もない時代。


とにかく、社長(親方)が厳しかったのです。

見習い期間が過ぎると、毎日怒鳴られていました 笑


現場に行くと、一日中怒られているので

周りの職人さんや、時には施主さんが

「佐藤くん、頑張ってね」と声をかけてくれました。

「ん?なぜ名前を?」

「社長さんが毎日何回も呼んでるから、覚えた笑」

と言われるほどでした。


親方からは「おまえは職人に向いていない」と何回も言われました。

でも、何故か辞める事なく続けていけました。


今まで仕事が長続きしなかったのは、自分で楽なことを選んでいて

自分でつまらなくしていたのかもしれません。

職人の仕事は日々怒られて悔しいのと、なかなかできるようにならない悔しさと

悔し過ぎて凹む事を通り越して、絶対に一人前になろう。

と奮起したのだと思います。


しばらくして、好きな作業工程が見つかり、先ずはこれを先輩たちに負けない

くらい上手くなってやろう。と率先して取り組みました。

数ヶ月後に、またいつもの調子で、親方に大声で呼ばれました

すると

「うまくなったな!」と初めて褒めてもらえたのを、二十数年経った今でも鮮明に記憶しています。


その後は仕事が楽しくなって、いつの間にか現場も任されるようにまでなり

その数年後に、独立させてもらったのです。



成果がなかなか上がってこないと


向き不向きがある。と言われたり

やっぱり向いていない。思ったりすることがあります。


RE/MAXエージェントという働き方は、楽しそうだけど私には向いていないから…

と感じてしまって、諦めてしまう人が多くみられます。


果たして本当にそうなのでしょうか?


プロスポーツ選手、例えば大谷翔平選手クラスであれば「才能」という

レベルで特別だとは思います。


でも、年俸1000億円を稼ぎたい。とは中々ならない笑


いわゆる一般的な価値観の中で、各々が描く将来像があって

それを目指して一生懸命働く。

そこに、「向いていない。」で片付けてしまっては勿体無いはずです。


目指す目標に向かって、少しずつでも歩みを止めずに進んで行けば

ゴールに着くはずなのです。

目標を定めたのは自分で、進むのも自分。


そう。

挫けるもの自分です。


目標が高ければ高いほど、その道のりは険しい。

それに挫けて諦めるかどうか。だけなのです。

理屈は至ってシンプル。


エージェントになってからも、なかなか成果が出ない日々が続くと

「やっぱり向いていないのかな…」と思う日々。


そこで、立ち止まってうつむいてしまったら、当然ゴールには辿りつきません!


向いていない。は、前を向いていない。

不向き。は、目を逸らして目標の方へ向いていない。


ということなのかもしれませんね。


かく言う私も、それとの闘いです笑

ちょっとしたことにつまづいて、下を向いては

L-STYLEのオーナー言葉を思い出して奮起して

つまらない事を気にしては

ELIMのオーナーの言葉で鼓舞して。


このように、一人では困難な道のりも

RE/MAXは同じ目標に向かっている、たくさんの仲間たちがいます。

だから進んでいける。

叶えていけるのです。


そこで下を向いているあなた。

さあ、今こそ前進する時です!





最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page